名言が今日も輝く!ベストワードレビュー!

キミに伝えたい名言がここに。

MENU

映画【鴨川ホルモー】こんな青春バカ映画を待ってたぞ!ベストワードレビュー!

スポンサーリンク

f:id:ozuwardwalt:20170917194207j:plain

今回のベストワードレビューは映画版『鴨川ホルモー
キミの好きな"オニ語"はランクインしているか!?

 

 

 

鴨川ホルモー [DVD]

鴨川ホルモー [DVD]

 

 

2017年にして初視聴です。鴨川ホルモー

 

この映画自体は2009年の公開であり、豪華キャストとその謎のタイトル名でなんとなく知っているよ~という方も多いのではないでしょうか。

私がその一人であった。笑

 

 

 概要 

 2009年4月18日より全国松竹系でロードショー公開された。また、一般公開に先立って2009年3月に開催された第1回沖縄国際映画祭において長編映画部門大賞「ゴールデンシーサー賞」を受賞した。主演は山田 孝之。

(Wikipediaより引用)

 

 

 ざっくりストーリー

 "フツーのことをするフツーのサークル"は案の定、フツーではなかったよ。

 

  

 
ではでは!
ベストワードレビューいきましょー!
 
 

 ベスト3

 「オレはクソだ!お前はクズだ!お互い充分、勇敢に戦っただろう!」(安倍 明)

f:id:ozuwardwalt:20170917194251p:plain

セリフが潔すぎておもしろい。笑
自分をクソと認めつつも相手をけなすことに余念が無いね!笑
 
しかも安倍は主人公なのにわりと本当にクソだからなぁー。
 
女の子の鼻筋に惚れてサークル入って、女の子のために親友を見捨て、女の子が別の男と付き合ってることが判明したらサークル辞めようとするんだもん。
まぁ、男子大学生らしい動機といえばそうなんだけどね!笑
 
 

 ベスト2

 「僕は自分を超えてみせる!自分の弱さに打ち勝ってみせる!」(高村 幸一)

f:id:ozuwardwalt:20170917194311j:plain

織田 信長に似た格好と口調で放った名言。
エリマキトカゲみたいな首のヒラヒラはシャンプーハットだけど。笑
 
以前のホルモー(試合)ではパニクって攻撃をせずオニ達を全滅させてしまい、あげくの果てに失禁するという最悪なお荷物加減だったからなぁ。
そんな過去の自分に打ち勝とうとするその意志が格好良すぎる!!
 
……まぁ、結局『弱い自分』に勝つことなく、ヘタレのままだったんだけどさ。笑
 
「覚醒パターン来るでしょー!!」ってバヤシはマジで思ってたから本当にガッカリした…。
ヘタレめ!!笑
 
 

 ベスト1

 「ゲロンチョリー!(つぶせ!)」(オニ語)

f:id:ozuwardwalt:20170917194326j:plain

やはりベスト1はこのワードでしょう!
ゲロンチョリー!!
 
最もポピュラーなオニ語であり、恐らく作中で最も使われた回数が多い
 
この意味不明なワードと意味不明なポーズを真面目な顔をして連発しまくる学生達が実におもしろい。
何だそのポーズは!
と言いたくなるゲロンチョリーポーズはあのパパイヤ鈴木考案のものである。
 
また、『鴨川ホルモー』にドハマリした人は十中八九、このゲロンチョリーポーズをすることは間違いないだろう。
バヤッシはモチロンやった。笑
 
 
 

 ラストコメント

f:id:ozuwardwalt:20170917194349j:plain

色々と突っ込み所のある作品……。
いや、突っ込み所しか無いこの作品だが、見ていてサイコーに楽しい!
 
なにも考えずにボーッと見るのがオススメである。笑
平凡な男子大学生はこんなこと考えてるんだろな!ってのが凄い伝わってくるぜ。笑
 
 
では、またね!

 

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー

 
鴨川ホルモー (角川文庫)

鴨川ホルモー (角川文庫)