名言が今日も輝く!ベストワードレビュー!

キミに伝えたい名言がここに。

MENU

【水曜どうでしょう】《原付ベトナム縦断1,800キロ》ラストランだけど、感動ってより爆笑の名言!?ベストワードレビュー!

スポンサーリンク

f:id:ozuwardwalt:20180722201637j:plain

 

こんばんはー!

ベトナムで食べたフォーがめっちゃ美味かった!バヤッシ バヤシンです。

 

この記事では、水曜どうでしょうTVシリーズのラスト企画《原付ベトナム縦断1,800キロ》の名言を3つレビューしています。

6年間の想いが詰まったラストランの名言をベストワードレビュー!!

 

 

ラストラン!!

 

原付でカブ天国であるベトナムを駆け抜ける鈴井さんと大泉くん!

6年間のTV放送を締めくくる、感動的な企画だ。

 

 

しかし、ベトナムはとにかくアクシデントが絶えない!!

 

豪雨に、牛障害に、パンクに、と毎日毎日アクシデントだらけでほんとに過酷すぎるよね!

ただでさえ7日間ずっとカブを運転しなきゃあならないのに、それらのハプニングを乗り越えなきゃならないどうでしょう班

6年間の意地が伝わってくるよね。笑

 

 

そんな『原付ベトナム縦断1,800キロ』!!

いくつもいくつも名言が御座いました。

 

 

 

6年間の想いを乗せたアクシデント名言!?

ベストワードレビュー!!

 

 

 

 

【ベスト3】
「だから番組上、とくに支障は………」(藤村D)

f:id:ozuwardwalt:20180722204806j:plain

ミスター達の乗るカブとディレクター陣が乗る車を繋ぐ唯一のライフライン、トランシーバー。
しかし、なんとミスターはそのトランシーバーを落としてしまったのだ!!

 

だが、クールなミスターは真剣な時は無口になる。
そのため、トランシーバーが無くても番組上は支障が無いのでは……、という藤村Dの考え。

 

この失礼極まりないディレクションこそ、水曜どうでしょうである!!!笑

自分の立場をわきまえない発言をする藤村D。何年経っても流石である。笑
  

 

 

【ベスト2】
「ここはベトナム 僕たちは生きている」(大泉 洋)

f:id:ozuwardwalt:20180722205604j:plain

カブ天国のベトナム
ノーヘル、2人乗りは当たり前。
ドンキーコングに出てくるようなタルを4つ積んでたり、5人乗りなんていうようなカブ野郎も居るぞ。

 

これこそが、カブ天国である!!!

 

そんな交通事情だからこそ事故は多発する。
彼らどうでしょう軍団が見たのは、田んぼに頭から突っ込んでるバス
ひとつ間違えると、ひとつ油断するとこんな悲劇になる。

 

そんな寒気と共に、生きているという実感を存分に感じているミスターと大泉くんであった!

生きていることを実感したいのなら、ベトナムに行くしかないね!!笑

 

 

 

【ベスト1】
「お尻がランブータン」(大泉 洋)

f:id:ozuwardwalt:20180722205825j:plain

ベトナム縦断1,800km!
カブで突っ走るミスターと大泉くん。
彼ら2人の座りっぱなしのお尻はあせもで赤く腫れちゃってメーデー状態!

 

まるでベトナムのトゲトゲフルーツ、ランブータン』のように赤く熟れてトゲトゲしているのだ!!

 
熟しちゃうほどの腫れっぷり!
汁が出てしまうのではないか、という危険性すらあるよ。

しかもまさかベトナムのフルーツ、ランブータンにお尻を例えるとは……。笑

 

お尻で過酷さが伝わるなんてなんか哀しい!!
ほんと、お疲れ様っ!

 

 

 

 

【ラストコメント】

f:id:ozuwardwalt:20180722210028j:plain

 

どうでしょう班4人が紡ぐ、ラストラン!!

感動的な名言ではなく、いつものような爆笑の名言ばかりでした!!笑

 

 

というか、どうでしょう班みんな感極まっちゃって涙ぐんじゃって言葉が出なかったんだよね。笑

名言では現れない、6年分の感動。

これは是非とももう一度動画で観てほしいよ!!笑

 

 

では、またね!