名言が今日も輝く!ベストワードレビュー!

キミに伝えたい名言がここに。

MENU

映画【バック トゥ ザ フューチャー Part2】2015年の未来でも1955年の過去でも変わらない名言!ベストワードレビュー!

スポンサーリンク

f:id:ozuwardwalt:20180508225049j:plain

こんばんはー!
2015年10月21日は24時間ワクワクしてました。バヤッシ バヤシンです。

 

この記事では『バック トゥ ザ フューチャー Part2』の名言を3つレビューしています。
未来にも、過去にも通ずる名言をベストワードレビュー!

  

 


前作『バック トゥ ザ フューチャー』のベストワードレビューはコチラ!

www.bestword.work

 

 

 

ついに未来へ!!

 

1作目では『バック トゥ ザ フューチャー』と言いつつも舞台である1985年よりも未来へは行かなかった……。
(1955年から1985年という未来へは旅立っているためタイトル詐欺ではない)

 


だが、今作『Part2』ではついに未来へと旅立つ!
オラ、ワックワクすっぞ!
その未来とはなんと2015年!なんと30年も先の未来である。

 

 

未来の地球はどうなっているのか、ドクやマーティ同様、全観客がワクワクしたことは疑う余地無しでしょう。

 

今としては過去である2015年。
ですが、当時からすればはるか先の未来なのです。
なんだか、不思議な感覚!笑

 

 

 

そんなワクワクドキドキな『バック トゥ ザ フューチャー Part2』の名言を3つ集めてみたよ!
ベストワードレビュー!いきましょー!!

 

 

 

 

【ベスト3】
「将来、またどこかで出くわすかもしれませんな」(1955年のドク) 
「…あるいは過去にね」(1985年のドク)

f:id:ozuwardwalt:20180511055826j:image

まさかのドク同士の会話!

1985年のドクと1955年のドクという夢の共演だ!
将来と過去、それぞれの背景を上手く利用したタイムトラベル名言である。

 

この出来事って1955年の時点では気付かず、1985年に過去へ行くことでやっと気付くんだよね。
「あ、あの時天気の話ししたおじいちゃんってあの時のおじいちゃんか!」ってさ!笑
30年越しの新事実!
20代の若造であるバヤッシには想像もつきません!笑

 


ちなみに、当サイトでは500フレーズ以上の名言をレビューし続けてきましたが、同じ人同士の会話を取り扱ったのは初めてです。笑

 

 

 

【ベスト2】
「タイムトラベルは危険すぎる これから先は宇宙の大きな謎の研究でもするさ!………女だよ」(ドク)

f:id:ozuwardwalt:20180511055457j:plain

時空が歪んで世界が崩壊するかも……。
それほどまでに危険であるタイムトラベルを恐れ、デロリアンを破壊することにしたドク。
次の研究対象は………まさかの女!?

 

人類史上初めてタイムマシンを作った男、ドク。
そんなドクでも女性と結婚することはできなかった……。
たしかに、次の研究対象に相応しいテーマかもしれない。笑

 

 

というか、異性って人間にとって最大の研究対象だよね。ドクだけじゃなくてさ。
正直、私にもその研究結果を教えて頂きたいです。私

 

 

 

【ベスト1】
「僕を助けられるのはドクだけだよ!」(マーティ マクフライ)

f:id:ozuwardwalt:20180511055854j:image

ドクはデロリアンと共に消え、1955年に置き去りとなってしまったマーティ。
そんなマーティを助けることができるのは他の誰でもない……ドクだけなのだ!!

 

1955年に居る1985年のマーティが、1885年に居る1985年のドクを救うためには、1955年のドクの力が必要!
いや、文章にするとややこしくてしょうがないな!笑
でも、そういうこと!

 


見た目も考え方もぜんぜん違う2人だけど、共に助け合い、支え合う。

この信頼感に溢れている2人の友情が最高!
映画界屈指の名コンビだ!!

 

 

 

 

【ラストコメント】

f:id:ozuwardwalt:20180511060819j:plain

 2015年の未来でも、1955年の過去でも、変わらない良さがあるタイムトラベル名言!

どの時代の人間の心にも届く………。

 

これこそが『バック トゥ ザ フューチャー』シリーズが普及の名作である所以でしょう!!

 

 

前作『バック トゥ ザ フューチャー』のベストワードレビューはコチラ!

www.bestword.work

 

 では、またね!