名言が今日も輝く!ベストワードレビュー!

キミに伝えたい名言がここに。

MENU

映画【シビルウォー/キャプテンアメリカ】ヒーロー同士が大激突する名言をベストワードレビュー!

スポンサーリンク

f:id:ozuwardwalt:20180924163835j:plain

こんばんは~!
バヤッシです。

 

この記事では映画【シビルウォー/キャプテンアメリカ】の名言を3つレビューしています。
アベンジャーズの禁断の戦いをベストワードレビュー!

 

 

 

www.bestword.work

 

 

 

ついに始まるシビルウォー

内側から切り裂かれるアベンジャーズ

命運やいかに!?

 

国連の支持に従うアイアンマンチームと、己の意思を信じるキャプテンアメリカチーム。

どっちの気持ちもわかるし、どちらの正義も正しい

だからこそ、反発が起こってしまう。

それが本作【シビルウォー/キャプテンアメリカ】である!

 

 

 

アベンジャーズ2.5』とも呼ばれるほどの豪華メンバー、そして超重要作!

映画【シビルウォー/キャプテンアメリカ】の名言を3つ集めてみましたよー!

ベストワードレビュー!!

 

 

 

 

【ベスト3】
「おめでとうキャプテン 君は犯罪者だ」(ローディ)

f:id:ozuwardwalt:20180924165733j:plain

やりすぎキャップを皮肉るローディ。
ユーモア溢れるが、笑えない状況なヒーロージョークである。

 

ヒーロー活動を抑圧する『ソコヴィア協定』
様々な思惑が交錯しながらも、かつての友人であるバッキーを守ることを決意したキャプテン。
だがそれは世界を敵にまわすことと同義なのであった!

 

軍人だし真面目キャラではあるんだけど、場を和ませようとする発言の多いローディ。
今回のジョークもキャプテンのことを思ってこそだったのかもしれない。

 

 

 

【ベスト2】
「彼は友人だ」(スティーブ ロジャース)
「僕もそうだった」(トニー スターク)

f:id:ozuwardwalt:20180924165749j:plain

ついに激突するアベンジャーズ
キャプテンアメリカとアイアンマンが闘うなんて……見たいけど見たくなかった!

一度戦えば友人では居られない

 そんな悲しみが籠もった言葉である。

 

チームよりも国よりも、友情を選んだキャップ
でも、いくら幼馴染だからってトニーとの友情よりも優先してしまうなんて悲しすぎないか。

バッキーを守るためには仕方なかった選択だったとしても、トニーからすれば最悪である。

 

インフィニティウォーでは対面することも無かった2人。
合流の日を地球の全MCUファンが待っているぞ!!

 

 

 

【ベスト1】
「もし自分に何かできるのに、しなかったら。それで悪いことが起きたら……自分のせいだと思う」(ピーター パーカー)

f:id:ozuwardwalt:20180924165803j:plain

若きヒーロー、スパイダーマンことピーター パーカー。
NEWヒーローとはいえ、誰よりもヒーローに相応しいマインドを持っているぞ!

 

自分の強大な力をどう使うのか。
私利私欲のために使うのではなく、出来る限りの正義を貫く責任がその力にはある!
MCUでは未登場だが、ベンおじさんの「大いなる力には大いなる責任が伴う」を思い起こさせる名言である!!

 

シビルウォー』でのキャプテンやアイアンマンなどのヒーローたちはそれぞれ自分のできる正義のために行動をしている。
そしてMCUの全ヒーローに共通する行動動機なのかもしれない。

 

そんなめちゃくちゃカッコイイ事をNEWヒーローのスパイダーマンが語っているのがグッとくるポイントです!

 

 

 

 

【ラストコメント】

 最初から最後まで『VS作品』である本作。

ラストシーンで仲直りするのかと思いきや、結局仲違いしたまま。

20作品以上から構成されているユニバース作品だからこそできる荒業である!笑

 

2018年公開の【アベンジャーズ/インフィニティウォー】においても仲直りしなかったトニーとスティーブ。

いつかまた、共に戦う姿を再び見れる日を待っているよ!

 

関連記事

www.bestword.work

www.bestword.work

www.bestword.work

 

 

 では、またね!