名言が今日も輝く!ベストワードレビュー!

キミに伝えたい名言がここに。

MENU

《シリアス名言》映画【アベンジャーズ/インフィニティウォー】最強の終わりを垣間見た名言を3つベストワードレビュー!

スポンサーリンク

f:id:ozuwardwalt:20180428174019j:plain

こんばんはー!

最強の終わりを味わいました、バヤッシ バヤシンです。

 

この記事ではアベンジャーズ/インフィニティウォー』の名言を3つレビューしてみました!

今回は《シリアス名言編》です!

MCU10周年の重みのある名言たちをベストワードレビュー!!

 

  

 

インフィニティウォー予告編のベストワードレビューはコチラ!

www.bestword.work

 

 

 

インフィニティウォー!!!!

ついに見ちゃいました!!

 

映画史上もっとも大きな衝撃を受けたといっても過言ではないこの作品。

そんなアベンジャーズ/インフィニティウォー』の名言をレビューしてみました。

名言レビューという特性上、本作を鑑賞した後にこの記事を見て頂くことを超絶にオススメしております!

 

つまり、ネタバレありの記事ですのでお気をつけを!!

ちゃんとこの辺を徹底しないとネタバレ嫌いのサノスに怒られちゃうからね。笑

 

 

そして、この記事は《シリアス名言編》

MCU史上もっとも重いストーリーとなっている『アベンジャーズ/インフィニティウォー』ならではの名言を3つレビューしています。

ギャグチックな名言をレビューしている《ユニーク名言編》もございますので、そちらもお見逃しなく!!

 

www.bestword.work

 

 

 

 

以下、ネタバレあり!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ozuwardwalt:20180503095838j:plain

 

まさかの超絶バッドエンド!!

MCU史上、いや映画史上最強のバッドエンドなのではないでしょうか。

 

 

とは言っても、本作の主人公は明らかにサノス

サノス側から見たら野望が達成されたわけだし、この結末はハッピーエンドなのでしょう。

悪役の願いが本当に叶っちゃう映画なんてなかなか無いよ!

 

ですが、指パッチン後のガモーラとの邂逅が非常に気になる。

ガモーラにたいして涙するほどの愛情を持っているのですから、この結末が本当にサノスにとって幸せなのかどうかはサノスだけが知る部分ですよね。

 

 

彼は今、広い宇宙の中で1人ぼっちなのですから………。 

 

 

 

ってなわけで!

アベンジャーズ/インフィニティウォー』の名言を3つレビューしてみましたー。

ベストワードレビュー!いきます!

 

 

 

 

【ベスト3】
「私は傷つかない 君を感じるだけだ」(ヴィジョン)

f:id:ozuwardwalt:20180503100022p:plain

サノスの野望を打ち砕くため、ヴィジョンは自身の身体ごとマインドストーンを破壊することを決断した。

だが、それが成し遂げられるのは恋人であるワンダだけ

つまり、恋人を破壊しなければならないという最悪な選択しか無いのである。

 

自分の運命を呪うワンダだったが、ヴィジョンは痛みを感じないとワンダを励ます。

感じるのは君だけ

最期に君を感じられれば幸せだということなのだろう。

 

なんという悲しき恋人の別れ

愛する人を破壊するのがどれだけ苦しいことなのか、想像を絶する。

 

 

そして、こんなにも悲しい別れの直後に、サノスはタイムストーンを使ってヴィジョンを蘇らせてすぐに破壊した。

残酷すぎて、直視できないほどだったよ……。

 

 

 

【ベスト2】
「小さな犠牲で大きな命が救われる」(サノス)

f:id:ozuwardwalt:20180428173940j:plain

サノスが暴虐の限りを尽くし、すべてを失おうとも”全人口を半分にしたい理由”がこのセリフに集約されている……。

ただ暴れたいワケでも世界征服をしたいワケでもない。

人口を半分にすることでサノスの考える”救済”を成し遂げようとしているのだ。

 

このサノスの考え方、あながち間違いだとも言い切れないのが難しいところだ。

たしかに、大きな犠牲か小さな犠牲か、どちらかを選ばなければいけないのならば小さな犠牲を選びたくなってしまう

犠牲にするのは5人か1人か?という道徳的ジレンマが発生することで有名な『トロッコ問題』のような話である。

 

 

ヒーロー側の考えとしては『命に小さいも大きいも無い』とのことだが、それは綺麗ごとだ。

ヒーローたちが街で戦闘をすれば、犠牲者が出てしまう。

本作においても、スターロードが囚われたガモーラを撃とうとしたのも、ワンダがヴィジョンを破壊しようとしたのも”犠牲をなるべく小さくしようとしたから”である。

 

「小さな犠牲で大きな命が救われる」それはサノス独自の考えなのではなくて、ヒーローも市民も無意識下で思っていることなのかもしれない。

 

 

 

 

【ベスト1】
「俺は失うものがたくさんあるけどな」(ロケット ラクーン)

f:id:ozuwardwalt:20180428173411j:plain

家族もアスガルドもすべてを失い、もうこれ以上失うものが無いと言うソー。

だが、ロケットは対照的に”失うものがたくさんある”のだ。

それはロケットの家族、つまりガーディアンズオブザギャラクシーである!!

 

ほんの何年か前まで、グルートと2人ぼっちだったロケット。

いまではクイル、ガモーラ、ドラックス、マンティスと絶対に失いたくない家族がたくさんだ。

昔のロケットだったら言わないであろう、今のロケットだからこその名言だ!

 

 

 

……だが、まさか本作ラストでロケット以外のガーディアンズオブザギャラクシーが全滅してしまうとは。

失ったものがたくさん…宇宙一の悲劇である……。

 

 

 

 

【ラストコメント】

最初から最後まで、そして名言も衝撃ばかりだった本作。

あまりのシリアスさに心が苦しくなりっぱなしです……。

MCU、とんでもない作品を生み出してしまいましたね…。笑 

 

 

こんなにも悲しい結末

そして 『小さな犠牲で大きな命を救う』という本作最大のテーマ。

すべてが解決する日は果たして来るのであろうか…!?

2019年に公開予定のアベンジャーズ4(仮)』に期待大です!!!

 

 

あ、関連記事もたくさんあるので、よろしくお願い致します!

 

アベンジャーズ/インフィニティウォー』《ユニーク名言編》はコチラ!

www.bestword.work

 

 

 MCU映画、名言のレビュー記事まとめはコチラ!

www.bestword.work

 

 

 

キャッチコピーベストワードレビュー、フェイズ1&フェイズ2編はコチラ!

www.bestword.work

キャッチコピーベストワードレビュー【フェイズ3編】はコチラ! 

www.bestword.work

 

 では、またね!