名言が今日も輝く!ベストワードレビュー!

キミに伝えたい名言がここに。

MENU

映画【カメラを止めるな!】この映画は二度始まり、名言が語り継がれる。3つの名言をベストワードレビュー!

スポンサーリンク

f:id:ozuwardwalt:20190305232639p:plain

(C)ENBUゼミナール

 

こんばんは~!

ホラー映画がけっこうニガテなバヤッシです。

 

この記事では映画【カメラを止めるな!】の名言を3つレビューしています。

2018年の邦画史上最大の話題作である『カメ止め』ではどのような名言が語られたのか?

名言は止まらないベストワードレビュー!!

 

よろしくでーす!

 

 

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!

 

 

 

 

空前の大ヒット映画!

カメラを止めるな!

 

 

公開当時はわずか2つの劇場でのみの公開だった本作だが、口コミでその面白さや奇抜さが話題を呼び、最終的には300以上もの映画館で公開されたのだとか!なんと150倍!笑

大ヒットどころの騒ぎではない。

歴史に残る大快挙である!!

 

 

コメディ要素あり!ホラー要素あり!家族愛要素あり!と大充実なこの作品。

映画好きの人全員にオススメしたいサイコーな作品です!

 

 

そんな『カメラを止めるな!』の名言を集めてみたよ!

とっても情熱的な名言をベストワードレビュー!

 

 

 

 

【ベスト3】
「ナニコレ!?ダサかっけぇ!カメラマン変わった?」(日暮 真央)

f:id:ozuwardwalt:20190305232253p:plain

(C)ENBUゼミナール

さまざまなアクシデントが起こりまくる『ONE CUT OF THE DEAD』。

ゾンビとの格闘シーンの最中、突然カメラのアングルが数秒停まり、そして再び動き出した時にはゾンビをアップにしたりルーズにしたり……先程とは違って映像の撮り方がダサカッコ良くなっている!

それを見た真央のうれしそーなリアクションがこの言葉。

B級映像にとって『ダサカッコイイ』は正義なのかもしれませんね!笑

 

f:id:ozuwardwalt:20190305232920p:plain

(C)ENBUゼミナール

 

このダサカッコイイ撮り方をしているのはカメラマンアシスタントの松浦早希

メインカメラマンが腰痛でダウンしたから急遽交代したのだ。

つまり、真央の言っていた通り本当にカメラマンが変わっていた!笑

変わったことを真央は知らないハズだが、このダサカッコイイ映像で気付いたようである。笑

さすがは映像作成業界を目指す女性!将来、有望だ!笑

 

 

 

【ベスト2】
「嘘がひとつも無い!本物だよ本物!!撮影は続けるぞ……カメラは止めないっ!!」(日暮 隆之)

f:id:ozuwardwalt:20190305231906p:plain

(C)ENBUゼミナール

ゾンビ映画撮影中にリアルゾンビが現れ、ウッキウキな超熱血監督。

本物のゾンビが現れたことによって役者たちの演技はその瞬間から本物となるのだ…!

…とは言え、この設定もまた演技である。

本物のゾンビはおりません。笑

 

しかし、このセリフはきっと隆之の本音でもあるのでしょう。

アクシデントが撮影前も撮影中もたくさんありすぎて何度カメラを止める危機に陥ったことか……。

しかし、隆之はめげない!

どんなアクシデントが起きても対応し続け、カメラを回し続けることが自分の仕事だと信じているからである!

 

そして、この『本物』はリアルな演技の意味でも『本物』。

この『カメラを止めるな!』は役者ひとりひとりに当て書きとして書き下ろされた物語だからこそ役者自身の性格や喋り方が映画に反映されており、リアルで本物な演技が見れる!嘘はちょっぴりあるけれど、とにかく本物にこだわっているのである!

 

 

 

【ベスト1】
「見てるでしょうがぁ!!!」(日暮 隆之)

f:id:ozuwardwalt:20190305232552p:plain

(C)ENBUゼミナール

『ONE CUT OF THE DEAD』のラストシーンはなんとクレーンでカメラを吊っての撮影!しかし、肝心のクレーンは撮影中に粉砕し、クレーン撮影は絶望的に……。

プロデューサーも『クレーンは諦めよう、誰も見てないんだし』とか言ってるししょうがないと思いきや、隆之は声を張り上げた!

この作品は見てもらうために作っているんだ!!

 

名も姿も知らぬTVの前の視聴者たち。

そして、愛しい娘と妻。

そんな彼らに作品を見てもらうために隆之は作品を作っている。

周りに流されがち、顔色伺いがちの隆之だが、この時ばかりは決して譲れない想いがあったのだ!(2秒後に譲ってたけど)

 それほどまでにアツくなる理由がこの作品と家族にあるって素敵だよね。

 

そして、なんだか 『北の国から』の黒板五郎を彷彿とさせる名言だよね。笑

 

 

 

 

【ラストコメント】

『最後まで席を立つな この映画は2度始まる』

キャッチコピーまでサイコーな作品です!

本当に途中でエンドロール流れるような2部構成になっているしピッタリなキャッチコピー。しかも時系列が逆だから第一部『ONE CUT OF THE DEAD』で感じた違和感が第二部で解き明かされるという独特な構成になっているという…。

これ作成した人、本当に天才だよ、これ!笑

 

あまりに独特!且つ丁寧なストーリーに感動し、バヤッシは続けざまに2度見ちゃいましたよ。笑

2度始まるどころか4度始まっちゃったかんじ。笑

 

 

では、またね!