名言が今日も輝く!バヤッシのベストワードレビュー!

映画や漫画、様々なコンテンツで輝く名言をアッセンブル!

MENU

映画【レディ・プレイヤー1】なんでもアリのVR世界を駆け巡る名言を3つベストワードレビュー!!

スポンサーリンク

f:id:ozuwardwalt:20200419175737p:plain



こんばんはー!
4月はほぼほぼお家に居ますよ、バヤッシです!

 

この記事では映画【レディ・プレイヤー1】の名言をレビューしています。
究極の現実逃避ワールドに飛び込め!

 

 

 最高の映像革命!!

 

何でもありVR世界がそこにはある。

容姿を自由自在に変え、デロリアンで駆け、ティラノサウルスが襲い、アイアンジャイアントが飛ぶ!!

誰もが見たこと無い世界を作りだしているVRワールド、そこは"オアシス"

 

こんなVR世界があれば外出自粛なんてヘッチャラ!

むしろ、年がら年中オアシスに入り浸ること間違いなしの世界である!!

 

 

そんな何でもありのVR世界を紡ぐ名言を集めてみたよ!

 ベストワードレビュー!!

 

 

 

 

「俺は、ガンダムで行く!」(ダイトウ)

f:id:ozuwardwalt:20200419175217p:plain



全日本人が、そして世界中のロボットファンが大歓喜したこの名言。

オアシスのすべてを手に入れるための最終決戦の最中に参戦したファーストガンダム

土壇場のクライマックスで登場するなんて、あまりにカッコ良すぎませんか!?

 

最終決戦が始まっているというのに瞑想を始めてしまい戦いに参加していなかったダイトウ。

ウェイド同様に「なにやってんだー!」と思った方は多いだろう……。

そして、強敵のメカゴジラが出現し大ピンチと思いきやダイトウがVRゴーグルを着けこのセリフを言う。

「俺は、ガンダムで行く!」

ここで来たか日本語!!!

日本キャラクターのガンダムを日本人のダイトウが操作し、日本語で気合を入れるという。この流れはシビれまくりだぜ!

 

 あまりにもカッコ良すぎたのでファーストガンダムのRGグレードプラモをポチっちゃったぜ!

 

 

 

「今のは効いたよ…でもここはボクの世界だ!」(ウェイド)

f:id:ozuwardwalt:20200419175403p:plain


ウェイドとソレントの一騎打ちは拳と拳でのバトル!

VR世界とはいえシンプルな肉弾戦はアガるものがあるが、体格差もありウェイドはピンチに……。

と思いきや、この名言と共に必殺技"波動拳"を放つ!!

 

恐らく、ウェイドが必死にオアシスをプレイして手に入れることができた必殺技なのだろう。

だからこそこの必殺技は「ボクの世界」を象徴するものだったのかもしれない。

 

ここにきてダイトウに続いてウェイドまでもがジャパニーズカルチャーを使用するとは驚き嬉し!

"波動拳"といえばCAPCOMのゲーム「ストリートファイターⅡ」を象徴するド派手な必殺技!

確かにオアシスのアバターとしてストリートファイターⅡのリュウを使っている人は居たけれど、まさか主人公のウェイドが決め技で使用するとは良い意味で意外でした!!

 

 いつかオアシスに行くことがあったら、自分のアバターに絶対覚えさせようっと!


 

  

「株はみんなと分けるよ みんなでオアシスを運営していく」(ウェイド)

f:id:ozuwardwalt:20200419174234p:plain

ハリデーの残した数々の謎を解き明かし、最大のライバルであるソレントを打ち破り、遂にオアシスのすべての所有権を手に入れたウェイド。

 

しかしウェイドはその所有権を仲間5人で分けることとした

一匹オオカミとしてオアシスで長年生きてきたウェイドとは思えない発言!

アノラック・ゲームを通じて、1人では何事も成し遂げられないこと、仲間という何に換えても守りたいものがあることをウェイドは学んだのである。

 

そして、彼らに所有権が移ったオアシスは基本そのまま。

だが、アクセスできないお休みの日が作られた。

リアルの世界でしか味わえないこともあるのだからリアルも楽しもう

そんな最高の仲間が居るからこそこの運営スタイルが確立されたのだ。

 

 この、ラブラブカップルめっ!笑

 

 

 

 

ラストコメント

レディ・プレイヤー1を見ると、自分がオアシスに入ったらどんなアバターにしようかなぁとかどんなキャラクターに会いたいかなぁってつい考えちゃうよね!!

せっかくだし『シュガーラッシュオンライン』とコラボしてディズニーキャラやMARVEL、スターウォーズなんかも参戦して欲しいかも!

 

しかも本作は続編作成のウワサがあったりするし……もっともっと多彩なキャラクターが出てきそう!たのしみ!

 

 

では、またね!